browser icon
You are using an insecure version of your web browser. Please update your browser!
Using an outdated browser makes your computer unsafe. For a safer, faster, more enjoyable user experience, please update your browser today or try a newer browser.

高齢化社会と脊柱管狭窄症

皆様、ご機嫌いかがですか、私は今脊柱管狭窄症という病と高齢化社会の関係性についての考察を始めたところです。

思えばこの所日本では高齢化社会とも言われ、この病気の知名度がグンと上がって来たような気がします。

さて、この脊柱管狭窄症とはいったいどのような病気なのでしょうか。

これから説明に入ります。

まず狭窄症というのは狭くなる病気と思って頂いて結構です。

そして狭くなるのがどの部分かと言いますと脊柱管と言われる背骨の真ん中に空いた空洞の事です。

背骨の真ん中には脳からの信号を伝える神経が通っています。

その神経を守っているのが脊柱管というわけです。

歳を重ねると背骨、特に腰の部分に対する負担も増します。

そして年月とともに背骨も変形してくる訳ですね。

つまり狭窄です。

そうすると神経が圧迫され、様々な痛みの原因にもなります。

椎間板ヘルニアも脊柱管狭窄症と似たような病気ですね。

なお脊柱管狭窄症の好発症期は50代から60代にかけてと言われています。

そういった訳ですから高齢化社会に頻繁に発生するようです。

第二の人生を楽しもうと考えた矢先、脊柱管狭窄症と診断を受けたら、第二の人生の楽しみが半減してしまいそうで嫌になります。

よくお年寄りが歩けなくなる原因もこの脊柱管狭窄症という病気によるものが多数を占めています。

という事がどういうことかというと、逆にこの病気を予防することこそ、体が不自由になるのを防ぐ第一歩だと考えます。

この病気に対する予防はひどくなる前に手を打つというのが一般的な考えです。

それというのもこの病気、腰とは関係のない所に症状が現れる事が多いため、本当の原因を探るのが難しいのです。

例えば手足の痺れや、歩行に際しての足の痛み等がこれに当たります。

人はまず痛みのある部位の症状を疑う事が多いため、足が痛ければ足を腕が痛ければ腕を気にかけるのではないでしょうか。

ところがそれは脊柱管狭窄症の症状の一つだったりするのです。

この病気は神経を圧迫するため、患部に関係ない部分の症状が出ます。

脊柱管狭窄症でお困りの方に見てほしいサイト

そんな病気の事は上記のサイトに詳しく記述しておりますので、どうぞご参照下さい。


© 2015 脊柱管狭窄症の正しい知識